「広島らしい」野球ができなかった。自慢の救援陣で逃げ切れず、野手陣はケース打撃を実践できなかった。ペナントレースを独走したセ・リーグ王者は、手に汗握るような緊迫した試合は少なかった。最大11・5ゲーム差を逆転した日本ハムとの経験の差が、接戦続きの短期決戦で浮き彫りとなった。

...    
<記事全文を読む>