軟式野球の第73回全神戸選抜大会(神戸軟式野球協会、神戸新聞社主催)は23日、神戸市須磨区の神戸総合運動公園サブ球場などで開幕した。1回戦6試合があり、一昨年優勝のエムズベースボールクラブ、後藤回漕店Aなどが8強に進んだ。

 後藤回漕店は、12日に後藤勝三社長が71歳で亡くなってから初の試合が、くしくもA、Bチームの同門対決となった。選手たちはユニホームに喪章を着けて熱戦を展開。勝ったAチームの矢頭監督は「A、Bそれぞれ20人ほど、これだけの人数が(社長に)野球をやらせてもらった。なれ合いではなく、全てを出し切ろうという思いだった」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>