2020年東京五輪で追加種目として実施される野球、ソフトボールの一部試合を福島県で開催する案を巡り、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長が19日、同県を訪れ、会場候補の県営あづま球場(福島市)と開成山野球場(郡山市)を視察した。

 視察に先立ち、フラッカリ氏は内堀雅雄知事と福島市で面会。内堀氏はフラッカリ氏の母国語イタリア語で「県内開催を強く希望している。力添えをお願いしたい」と述べ、県内の空間線量が世界の主要都市と変わらない状況や県産食材の安全性などを説明した。

 フラッカリ氏は視察後、報道陣に対し「球場だけでなく、周辺施設の整備状況や試合のスケジュールなど全ての要素を考...    
<記事全文を読む>