島田市の物流会社「山岸運送」が17年設立する社会人硬式野球クラブチーム「山岸ロジスターズ」の関係者がこのほど、市役所を訪れた。同社の山岸一弥社長や天野義明監督が、チーム設立の経緯や今後の抱負などを染谷絹代市長に語った。

 山岸社長は、従業員の活性化やリクルート活動の強化がチーム設立の狙いにあったことや、大卒を中心に20人採用したことを説明。「若い優秀な人材がいなければ、会社の将来はない。選手たちが現役引退した後も、会社として彼らを支えていきたい」などと話した。天野監督は「島田の元気の一端を担うことができれば」とあいさつした。

 染谷市長は「島田には少年野球にも熱心な指導者が大勢いる。チーム...    
<記事全文を読む>