県還暦軟式野球連盟還暦一部の秋季大会決勝戦が12日、横須賀市大津町の大津公園軟式野球場で開かれた。春季大会決勝で激突した「川崎ドリーム」と「横須賀シニアクラブ」の強豪同士が対戦。春に敗れた横須賀が15-3で勝ち、雪辱を果たした。ことし9月の全日本選抜還暦軟式野球大会を優勝した横須賀と、10月の全日本還暦軟式野球選手権大会を制した川崎の対戦。県大会でありながら“日本一”を懸けた勝負となった。主力選手の平均年齢は横須賀が約63歳、川崎が約64歳。横須賀が一回裏に一挙に11点を奪い、その後も小刻みに得点。六回でコールドゲームとなった。横須賀の川田茂監督(67)は「神奈川を制するのは、大変な...    
<記事全文を読む>