第42回社会人野球日本選手権大会は3日、京セラドーム大阪で1回戦1試合、2回戦1試合を行った。1回戦に臨んだヤマハは東京ガスに11―3で快勝した。

 ヤマハは二回、先頭打者河野が二塁打を放ち、続く前野の右越え2点本塁打で先制した。さらに4安打2四球など、打者一巡の猛攻で4点を追加した。七回は佐藤の左越え本塁打が飛び出した。八回は矢幡、佐藤、代打池知の3連続長短打など打線がつながって加点し、東京ガスを突き放した。先発池田駿は四回まで5安打2失点に抑えた。九谷、ナテルと継投し、最少失点で切り抜けた。

 トヨタ自動車(愛知)は2回戦で三菱重工広島(広島)を延長十二回タイブレークの末4-3で破り、...    
<記事全文を読む>