今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが28日、東京都内で開かれ、東北楽天の藤田一也が、今季からコミッショナー表彰に制定されたスピードアップ賞のパ・リーグ打者部門に選ばれた。

 走者なしの打席で相手投手の平均投球間隔が最短だった規定打席到達打者に贈られる賞。藤田は平均12.3秒だった。「受賞を機に、来季はより意識するようになるだろう」と語った。

 今季は120試合出場。二塁手として2年ぶり3度目のゴールデングラブ賞を獲得した。「守りでもスピードアップを目指したい」と力を込めた。

...    
<記事全文を読む>