プロ野球北海道日本ハムファイターズの矢野謙次選手(36)による絵本の読み聞かせ会が19日、札幌市中央区の市中央図書館で開かれた。試合では代打の切り札として活躍する矢野選手は、3冊を朗読。子どもたちは興味津々で聞き入った。

 球団が2014年から取り組む読書促進キャンペーンの一環。応募した市内の親子56組約100人が参加した。

 矢野選手は北海道文化放送(UHB)の中野涼子アナウンサーと共に、12日に発売された絵本「もりのやきゅうちーむふぁいたーず つよさのひみつ」などを朗読。

 現役選手がモチーフのキャラクターが登場するたびに、矢野選手は「これは誰かな」などと質問しながら読み進めた。

 父の好...    
<記事全文を読む>