「殻を破る」をテーマに掲げた梨田昌孝監督は「点数は80点くらい」と2年目の秋季キャンプを振り返った。野手の強化には収穫を得たようだが、台頭を期待した若手投手には「目立つ選手がいなかった」と物足りなさを感じた様子だった。

 目に付いた野手として島内宏明と茂木栄五郎の名を挙げ、「キャンプで自信をつけた感じがする。来季はさらに期待できる」と成長に目を細めた。高卒新人のオコエ瑠偉については「球を飛ばす力がついてきた」と評価した。一方、若手投手には「西宮悠介、浜矢広大、古川侑利、小野郁あたりが存在感を出してくれれば」とさらなる奮起を促す形となった。

 試合で多様な作戦や機動力を駆使するため、今キャン...    
<記事全文を読む>