プロ野球西武からフリーエージェント(FA)宣言選手となっていた岸孝之投手(31)が東北楽天入りを決断したことが16日、分かった。関係者によると、一両日中に両球団に移籍の意向を伝えるという。

 岸は仙台市出身。宮城・名取北高から東北学院大を経て、大学生・社会人ドラフトの希望枠で2007年に西武入りした。08年の日本シリーズで最優秀選手(MVP)に輝いた。14年5月のロッテ戦でノーヒットノーランを達成。7度の2桁勝利を含む通算103勝65敗1セーブ、防御率3.05の成績を残した。今季は19試合で9勝7敗、防御率2.49。

 東北楽天は11日に、立花陽三球団社長、星野仙一球団副会長らが岸と東京都...    
<記事全文を読む>