プロ野球西武のエース、岸孝之投手(31)=東北学院大出=が11日、フリーエージェント(FA)宣言選手として東北楽天との交渉のテーブルに着く。プロ野球入りを決断する際、東北楽天に心を動かされながらも断念した過去を持つ。宮城に育ちプロに至った岸選手の道のりを振り返る。

 岸選手はしなやかなフォームからのカーブと速球による緩急が持ち味で、プロ10年間の勝利数は103。宮城県出身投手として通算100勝を挙げたのは1970年の若生智男氏(阪神など)以来2人目だ。

 岸選手は少年時代から決してエリートコースを歩んだわけではない。

 社会人野球の七十七銀行で監督経験のある父、孝一さん(68)の教えを受け、...    
<記事全文を読む>