来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を前に、10日からメキシコ、オランダと強化試合(東京ドーム)を行う日本代表は8日、QVCマリンフィールド(千葉)で練習を行い、シート打撃やフリー打撃などで約3時間調整した。強化試合は打者で出場する大谷はシート打撃で石田、山崎康(ともにDeNA)と対戦し、右中間三塁打と左飛だった。フリー打撃では柵越えを2本放ち、「(状態は)悪くはないけど、良くもない」と振り返った。

 9日に東京ドームで行う公式練習ではブルペンに入る予定。小久保監督は3月の本大会では主に投手として起用する方針で、大谷は「(ブルペンは)軽く投げるだけ。(権藤投手コーチに)...    
<記事全文を読む>