プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が8日発表され、25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした広島から菊池涼介二塁手、丸佳浩と鈴木誠也の両外野手、石原慶幸捕手(東北福祉大出)の4人が選ばれた。4人選出は広島として最多タイ。菊池はセ、パ両リーグを通じて最多の257票を集めて4年連続4度目の受賞となった。東北楽天からは藤田一也二塁手が3度目の選出となった。3度の受賞は田中(ヤンキース)と並び球団最多。

 11.5ゲーム差を逆転してパを制した日本ハムからは陽岱鋼外野手、中田翔一塁手、大野奨太捕手が選ばれた。パの最多は西武の秋山翔吾外野手(八戸大出)の194票だった。

 初受賞は石原...    
<記事全文を読む>