プロ野球ドラフト会議で阪神から1位指名を受けた白鴎大の大山悠輔内野手(21)=下妻市出身、つくば秀英高出、181センチ、84キロ=は7日、栃木県小山市内のホテルで球団と仮契約を結んだ。契約金は1億円プラス出来高払い5千万円、年俸は1500万円(金額は推定)。背番号は未定。記者会見で、サインした瞬間の感想を問われると、「これから夢の舞台に入るんだと、重みを感じた」と話し、柔和な表情の中に強い覚悟をにじませた。大学では強肩強打の三塁手として活躍し、2016年日米大学野球選手権大会の日本代表で4番を務めた。広角に長打を狙えるしなやかな打撃が特長で、今春のリーグ戦は59打席で8本塁打20打点。プ...    
<記事全文を読む>