プロ野球ドラフト会議で広島から6位指名を受けたつくば秀英高の長井良太投手(17)が2日、つくば市島名の同校で指名あいさつを受けた。プロで対戦したい打者には、同校の先輩で阪神1位指名の大山悠輔内野手(白鴎大)を挙げ、「1軍の舞台で対戦してみたい」と目を輝かせた。

 長井は最速149キロの直球が魅力の本格派右腕。高校から投手転向した伸びしろ十分の逸材に、尾形佳紀スカウトは「野球センスのある投手。素材として素晴らしい選手なので、チームとして育てていければと思う」と2、3年後の1軍入りに期待した。

 憧れの投手には指名前から、元広島のメジャーリーガー、前田を挙げていた。1年秋から長井を見てきた尾形...    
<記事全文を読む>