5日に広島市である広島東洋カープの優勝パレードを特別な思いで迎える警察官がいる。広島中央署署長の青木伸浩さん(59)。41年前、リーグ初制覇のパレード警備が「初仕事」だった。退職を約5カ月後に控えて迎える2度目の大イベントに「県民やファンが笑顔でいられる最高の警備をしたい」と気を引き締めている。

...    
<記事全文を読む>