海外フリーエージェント(FA)権を持つ西武の岸孝之投手(31)=東北学院大出=が権利を行使した場合、東北楽天が獲得に乗り出す方針であることが1日、分かった。

 球団は今季11勝を挙げ、ただ一人2桁勝利したエース則本と並ぶ先発投手の補強を急務としている。岸は今季こそけがの影響で19試合で9勝7敗、防御率2.49だったが、過去10季で7度の2桁勝利を記録するなど通算103勝65敗1セーブ、防御率3.05と十分な実績がある。地元の仙台市出身という人気面も考慮したもようだ。

 関係者によると、西武はFA権行使後の残留を認めており、岸は他球団の評価を聞くため、近日中にFA権を行使する見通し。海外移籍...    
<記事全文を読む>