バレーボールのチャレンジリーグ女子、仙台ベルフィーユが29、30の両日、富谷市の富谷スポーツセンターで開幕カードに臨む。昨季は8チーム中4位。プレミアリーグ昇格を目指す就任3季目の葛和伸元監督に今季の抱負を聞いた。(聞き手は及川智子) -今季は新人選手5人と移籍選手1人が加わった。チームの状態はどうか。

 「悪くはないが、6月ごろにメンバーが固まってから、数カ月しかたっていない。先発メンバーに新人選手の3人(津賀=京都橘大出、梅津=東海大出、舛田=北海道・札幌山の手高出)が入り、ベルフィーユらしいつながり(連係)はまだ足りない」 -持ち前のレシーブ力に加え、攻撃力を強化した。

 「津賀は左...    
<記事全文を読む>