バレーボール女子のチャレンジリーグ1が29日に開幕する。昨季、3位と躍進し、プレミアリーグ昇格を懸けた入れ替え戦V・チャレンジマッチ出場にあと一歩まで迫ったJAぎふリオレーナは、ホームのJAぎふアグリパーク鈴ケ坂アリーナで、午後1時からフォレストリーヴズ熊本を迎え撃つ。リーグ参戦5年目で悲願の昇格に向け、地元開幕戦での好スタートを狙う。

 「目指すのは昨年以上の順位、ただ一つ」と力強く語る椿本真恵監督が「アタッカーの層が厚くなり、攻撃にバリエーションが出てきた」という攻撃陣は新人ながら組み立て役のセッター佐野遥香がカギを握る。161センチとチーム一小柄ながら状況判断に優れ、正確なトスを上...    
<記事全文を読む>