バレーボールのV・プレミアリーグ女子の二〇一六・一七シーズンの公開開幕記者会見が十七日、東京都豊島区のサンシャインシティ噴水広場であり、昇格一年目のPFUの大黒柱江畑幸子(ゆきこ)選手(26)が「何か爪痕を残したい。一年で(二部のチャレンジリーグに)落ちるわけにはいかない」と今季にかける意欲を口にした。

 リーグは二十九日に開幕する。PFUの初戦は三十日。東京体育館で昨季三位の東レと対戦する。

 普段は、アイドルがイベントを開催する広場を、各チーム二人ずつの十四人のバレーボール選手が席巻した。一階だけでなく二階や三階のバルコニーからも観客が見守る公開会見に、江畑選手とともに参加した三橋聡恵...    
<記事全文を読む>