アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは30日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナで王子と対戦し、4―7で敗れた。連勝は3でストップ。2位は変わらない。

 ブレイズは第1ピリオドに2点を失い、劣勢に立った。第2ピリオド以降はマット・ポープのハットトリックなどで追いすがったが、差は詰まらなかった。

 若林クリス監督はチームを通じ、「出だしが重要だったが、相手の速いプレッシャーに対応できずに、第1ピリオドで2失点し、流れを渡してしまった」とコメントを出した。

 ブレイズは11月3、5、6日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸で日光アイスバックスを迎え撃つ。

...    
<記事全文を読む>