日本相撲協会は31日、九州場所(11月13日初日・福岡国際センター)の新番付を発表し、9月の秋場所で初優勝を全勝で果たし、初めて綱とりに挑む大関豪栄道が大関14場所目で初めて東の正位に就いた。

 悲願達成へ向けて表情は一層、引き締まった。初の綱とりに挑む豪栄道は、福岡県大野城市の境川部屋宿舎で会見に臨み、「周りは気にせず、自分の相撲を取ることだけを考えて場所に臨みたい」と強い口調で決意を語った。

 2014年秋場所を新大関で臨んで以降、同年の九州場所は5勝10敗と大きく負け越し。15年初場所を初のかど番で迎える契機になった苦い記憶がある。15年の九州場所は2度目のかど番で迎え、7勝7敗から...    
<記事全文を読む>