秋巡業大相撲山口場所(tysテレビ山口主催、山口新聞社など後援)が30日、山口市維新公園の県スポーツ文化センターであった。県内での開催は3年連続。下関市出身の豊響や横綱、大関ら力士約150人が土俵に上がり、豪快な取組や稽古などを披露し、約3300人の観客を沸かせた。力士たちは土俵上で熱のこもった稽古や取組を披露。訪れた人たちは、豊響ら地元ゆかりの力士や人気力士が土俵に上がるとひときわ大きな拍手を送っていた。土俵上で輪になり1人ずつ歌っていく相撲甚句や相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する「初っ切り」など地方巡業ならではの余興もあった。力士が小学生を相手に稽古をする場面では、豊響らがコミカル...    
<記事全文を読む>