日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは30日、豊見城市民体育館で、大崎電気と対戦し21―26で敗れた。今季の成績は3勝1分3敗。

 前半は守備から速攻につないで13―8とリードして折り返したが、後半は大崎電気の守備を崩せず、逆に速攻を受けて逆転された。

 次戦は11月3日、愛知県の中村スポーツセンターで豊田合成と戦う。(観客数2513人)▽男子大崎電気 5勝1分け1敗26―21(8―13,18―8)琉球コラソン 3勝1分け3敗 【評】コラソンは、大崎電気の攻撃をうまく封じ、守備から速攻につなぐパターンで出だしから連続4得点と波に乗った。後半は、修正してきた大崎電気の攻撃に守備の隙...    
<記事全文を読む>