ノルディックスキーのNHK杯ジャンプ大会は30日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(HS134メートル、K点120メートル)で行われ、本県関係選手では男子の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が131メートル、127・5メートルの264・3点で準優勝した。5位には236・5点で兄の潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)が入り、姉の諭果(早大4年、盛岡中央高)も146・4点で女子4位となった。

 男子は伊東大貴(雪印メグミルク)が135メートル、137・5メートルの293・0点で優勝。作山憲斗(北野建設)が3位。44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は118メートル、127メートルの236・0点で、...    
<記事全文を読む>