ラグビーのトップイーストリーグは29日、盛岡市のいわぎんスタジアムで釜石シーウェイブス(SW)RFC-日野自動車を行い、釜石は14-27(前半7-17)で敗れ、今季初黒星を喫した。5勝1敗の勝ち点23で3位のまま。

 釜石は前半10分、26分にトライ(ゴール)を奪われ先行を許した。同35分に敵陣ゴール前のラックからつなぎ、CTB森山裕樹がトライ(ゴール)。その後PGを許し、10点リードされ前半を折り返した。

 後半は17分にスクラムトライを許し7-24とされたが、32分にゴール前のラックからロック菅原貴広が走り込みトライ(ゴール)。その後は好機をつくりながらも日野の守備に阻まれた。

 釜石の...    
<記事全文を読む>