ラグビーのトップリーグ(TL)第9節第1日は29日、福岡市のレベルファイブスタジアムなどで5試合を行い、首位のヤマハ発動機はコカ・コーラを50―11で下し、開幕9連勝した。ヤマハ発は前半7分、日本代表に初選出された日野剛志のトライで先制し、主導権を握った。日本代表のヘル・ウヴェも2トライするなど今季最多タイの8トライで圧倒した。

 神戸製鋼はNECに24―38で敗れ、2敗目(7勝)を喫した。

 昨季準優勝の東芝は29―34でNTTコミュニケーションズに屈し、3連敗で4勝5敗となった。NTTコミュニケーションズは6勝3敗。トヨタ自動車はリコーに20―16で勝ち、6勝3敗とした。キヤノンはサニ...    
<記事全文を読む>