日本サーフィン連盟主催のグランドチャンピオン大会が29日、下田市の白浜大浜で始まった。2016年度のポイントランキング上位選手が集う最終戦で、国内アマの年間チャンピオンを決定する。30日まで。

 ショートボードとロングボード、ボディーボードの3種目。年代・性別の8部門に262人が出場した。部門ごと4~5人のグループで15分間の演技を披露し、高得点の上位2人が勝ち上がる。

 初日は風が強く難しい条件だったが、森宣仁さん(静岡3区)や原安澄さん(静岡伊豆)ら県内選手も登場して盛り上げた。

...    
<記事全文を読む>