今年で4回目の「2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」。さいたま市中央区のさいたま新都心周辺を会場に、世界のトップ選手たちが集結し、手に汗握るレースを展開した。県内外から来た大勢のファンたちは選手たちの勇姿に最後まで熱い声援を送り続けた。今回は個人タイムトライアルレースの女子、男子ジュニアで浦和工業高校の2人が出場。パラサイクリングでは、リオデシャネイロ・パラリンピック銀メダリストの藤田征樹選手が出場した。

 世界で活躍するトップレベルの選手たちの走る姿を一目見ようと、午前中から会場周辺には大勢の人が集まり、レース開始を待ちわびていた。

 北海道から夫と娘の3人で駆け付けた小橋...    
<記事全文を読む>