県立水戸三高(森田浩一校長)の創立90周年式典が28日、水戸市三の丸2丁目の同校体育館で開かれ、元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の澤穂希さんが、「夢はみるものではなく、かなえるもの」と題した記念講演を行い、「どんな夢でも目標でもまずは持つことが大事」と生徒らに語り掛けた。

 澤さんは6歳の時からサッカーを始め、15歳で初めて日本代表となった少女時代を紹介。「小さい頃から活発だったが、運動神経は悪かった。実はシュートも苦手です」と意外なエピソードが語られるたび、生徒からは驚きの声が上がった。

 大学に進学し、教員を目指したものの、強豪国アメリカでサッカーをプレーする夢も捨てきれず、...    
<記事全文を読む>