新人プロボクサーの登竜門とされる東日本新人王決勝戦の組み合わせ発表会が二十八日、東京都内であった。新座市にちなんだ「新座宏」のリングネームでフェザー級決勝戦に臨む同市職員渡辺宏さん(35)=フラッシュ赤羽ボクシングジム=は「経験を生かし、勝利をつかみたい」と意気込みを語った。

 決勝戦は十一月十三日午後二時から、後楽園ホール(東京都文京区)で行われる。渡辺さんは六試合目で木村吉光さん(20)=白井・具志堅スポーツジム=と対戦する。発表会で、渡辺さんは「初めから前に出て、行けるところまで行って勝ちたい」と力を込めた。木村さんは「ここで負けるようでは世界に行けない。必ず勝つ」と闘志を燃やした...    
<記事全文を読む>