カーリングの世界選手権予選を兼ねるパシフィック・アジア選手権(十一月五日~十二日、韓国・義城)に日本代表として出場する男子のSC軽井沢クラブと女子のLS北見が二十八日、合宿先の軽井沢アイスパーク(軽井沢町)で公開練習と記者会見に臨んだ。軽井沢クのスキップ両角(もろずみ)友佑選手は「一試合一試合を大事に戦い、世界選手権につなげたい」と意気込んだ。

 アジア選手権では、上位二チームに来春の世界選手権の出場枠が与えられる。女子は世界選手権が中国開催のため、中国を除く上位一チームのみが世界切符を得る。

 軽井沢クは昨季、日本選手権で四連覇を達成し、世界選手権では男子として過去最高の四位になり、地元...    
<記事全文を読む>