日本ラグビー協会は28日、ジョセフ新ヘッドコーチ(HC)が初めて指揮を執る11月のテストマッチ4試合に臨む日本代表32人を発表し、代表キャップ(テストマッチ出場)のない選手が半数以上の17人を占める、経験の浅い選手中心の構成となった。昨年のワールドカップ(W杯)代表からはフッカー堀江(パナソニック)ら12人が名を連ね、98キャップのロック大野(東芝)はけがで外れた。

 ヤマハ発動機からは伊藤平一郎、仲谷聖史、日野剛志、ヘル・ウヴェ、三村勇飛丸、山本幸輝のFW6人が初選出。バックスでは矢富勇毅が入った。

 東京都内で記者会見したジョセフHCは「FWはW杯組から何人か抜けたが、バックスは充実し...    
<記事全文を読む>