五輪とパラリンピックをテーマにしたシンポジウムが27日、専修大生田キャンパス(川崎市多摩区)で開かれた。リオデジャネイロ五輪で4連覇した女子レスリングの伊調馨選手らが登場し、2020年東京五輪・パラリンピックの課題を考えた。同大スポーツ研究所の主催。

 シンポには、リオパラリンピック走り幅跳び銀メダリストの山本篤選手、ともに元五輪選手の鈴木大地スポーツ庁長官と馳浩前文部科学相が登場。日本が史上最多のメダルを獲得したリオ五輪を振り返った。

 伊調選手は女子レスリングが採用された04年アテネ五輪と比べ、「練習場を作ってくれたり、マッサージが受けられたり、今はサポートが充実している。そのおかげで...    
<記事全文を読む>