2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場として彩湖(戸田市)への誘致を目指す県は27日、彩湖を会場にした場合の整備費が266億円になるとの独自試算を発表した。同日、塩川修副知事が東京都庁と大会組織委員会を訪れ、試算結果と誘致に向けた要望書を提出した。

 塩川副知事は東京都の山本隆副知事に要望書を手渡し、「検討していただけるとありがたい。県民一丸となって対応し、東京五輪・パラリンピックを盛り上げていきたい」と述べた。これに対し山本副知事は「小池(百合子)都知事に伝える。さまざまな状況を踏まえ、総合的に判断したい」と述べるにとどまった。

 県によると、整備費の内訳は、2万席を想定...    
<記事全文を読む>