世界バドミントン連盟(BWF)最新の世界ランキングが27日発表され、女子シングルスの山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)は、自己最高の7位に上昇した。日本人トップの奥原希望(日本ユニシス)は1つランクを上げ3位となった。

 山口は、スーパーシリーズの韓国オープン(9月27日~10月2日)とデンマークオープン(10月19~23日)を連続で制した。

...    
<記事全文を読む>