緊張と喜び。会場でひときわ目を引く選手らがいた。発足半年の宮古高体操同好会の1年生3選手がそう。22、23の両日、県総合運動公園体育館で開かれた県高校新人体育大会の体操競技男子団体に出場した。同校の出場は43年ぶり。本番で初めて本物の「ゆか」や「つり輪」に触れた。そして他の選手の躍動感ある演技も目の当たりにした。“体操愛”から会立ち上げに尽力した山﨑太陽は「試合はきついが応援してくれる声がうれしかった。もっときれいな演技がしたい」と仲間との成長を誓った。

 中1でバク宙やバク転などのアクロバット動画を見て、また体操選手の内村航平や萱和麿にも憧れ、独学で体操を始めたのが山﨑だ。「場所は限ら...    
<記事全文を読む>