短水路(25メートルプール)で争うワールドカップ(W杯)東京大会最終日は26日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子200メートル平泳ぎはリオデジャネイロ五輪金メダルの金藤理絵(Jaked)が2分16秒75で優勝した。

 女子の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は100メートル個人メドレーで58秒24の短水路日本新記録をマークし2位。3位だった100メートル自由形の52秒39、2位だった50メートルバタフライの25秒73はともに短水路高校新だった。男子200メートル個人メドレーは瀬戸大也(JSS毛呂山)が1分52秒48で制し、今大会3冠となった。

 男子200メートル背泳ぎは金子雅紀(YURAS)が...    
<記事全文を読む>