◆過酷日程タフに成長 短水路(25メートルプール)で争うワールドカップ(W杯)東京大会は25日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子400メートル個人メドレーはリオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(JSS毛呂山)が4分3秒42で制した。200メートルバタフライも瀬戸が1分49秒93で勝ち、リオ五輪銀メダルの坂井聖人(早大)は1分51秒30で3位だった。

 女子は、100メートル平泳ぎで寺村美穂(セントラルスポーツ)が1分4秒05の短水路日本新記録を樹立して3位となり、リオ五輪200メートル平泳ぎ金メダルの金藤理絵(Jaked)は1分4秒91で5位だった。寺村は200メートル個人メドレーも2分...    
<記事全文を読む>