◎体格差を技術で克服/車いすラグビー「銅」庄子日本代表主将 リオデジャネイロ・パラリンピックで車いすラグビー日本代表が日本初の銅メダルを獲得した。主将を務め、前回大会出場の経験を生かし勝利に貢献した庄子健(36)=BNPパリバ証券、仙台市=に、銅メダル獲得の舞台裏や2020東京大会への思いを聞いた。(聞き手は宮田建) -ロンドン大会4位の雪辱を果たした。<「メダル死守」> 「準決勝で負けて目標の金メダルがなくなり、チーム内の雰囲気が暗くなった。宿舎に戻り、選手だけのミーティングで『悔しいけど、メダルを死守しないと』とみんなで泣きながら思いを吐き出した。あれで気持ちのスイッチが入った」 ...    
<記事全文を読む>