越谷市の「第42回越谷市民まつり」が23日、市役所駐車場周辺で行われ、約25万人が来場者でにぎわった。オープニングパレードには、同市出身・在住で、リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートルバタフライ銅メダリストの星奈津美選手がオープンカーに乗り、沿道の声援に応えた。

 恒例の交通安全パレードには、小中学校のPTAや自治会、事業所など116団体約4000人が参加し、交通安全を訴えた。また、コンテストパレードは東越谷小学校PTAが優勝した。

 越谷産の米を市内の障害者が米粉に製粉し、市内飲食店が商品化した「米粉スイーツコンテスト」も開催。同市出身のタレント、益若つばささんがゲスト審査員を務めた...    
<記事全文を読む>