2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の見直し問題で、村井嘉浩宮城県知事が全国ネットのテレビ番組に出演し露出度を高めている。宮城県長沼ボート場(宮城県登米市)への誘致を巡り連日のように優位性を強調。「来秋の知事選に向けた実績づくりか」とのやっかみをよそに「今が勝負どころ」と世論取り込みに躍起だ。

 積極的なテレビ出演は村井知事が小池百合子東京都知事と都庁で会談した12日から加速した。特に、小池知事が長沼ボート場を訪問した15日以降はテレビ局からの出演依頼が相次ぐ。

 17日午後は知事室にテレビカメラを入れ、民放3社の生放送にはしご出演。人気キャスターの宮根誠司さ...    
<記事全文を読む>