ソフトテニスの全日本選手権最終日は23日、宇部市の宇部マテフレッセラテニスコートで男女の決勝などがあった。男子は船水颯人・星野慎平組(早大)が水沢悠太・長江光一組(NTT西日本広島)を破り、優勝した。女子は志牟田智美・地中葵=山口・岩国商高出(神戸松蔭女大)組が制し、高橋乃綾・半谷美咲組(どんぐり北広島)は準決勝で敗れた。

...    
<記事全文を読む>