同志社大ラグビー部の黄金期を支え、53歳で亡くなった平尾誠二さんを悼み、現役部員たちが23日、関西大学リーグの試合で喪章をつけてプレーした。会場の花園ラグビー場(大阪府東大阪市)には半旗が掲げられ、

...    
<記事全文を読む>