第16回全国障害者スポーツ大会「2016希望郷いわて大会」第2日は23日、岩手県内各地で競技が行われ、岡山勢はフライングディスクのディスタンス男子立位で初出場の戸牧将也が47メートル20で初優勝したほか、山根清志、前原孝一も金メダルを獲得した。前原は22日の男女共通アキュラシー・ディストリート7と合わせて2冠を獲得。陸上では、知的障害者少年男子立ち幅跳びの切封佑太郎が2メートル90で4連覇を飾った。準決勝に臨んだソフトボール(知的障害者)は東京都に5―10で敗れ、3位決定戦に回った。

...    
<記事全文を読む>