第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」第2日は23日、県内各地で全13正式競技が行われ、県勢は金メダルラッシュとなった。フライングディスクのディスタンス男子立位で花巻清風支援学校高等部3年の国谷(くにや)朋哲(ともあき)が2年連続で1位に輝くなど、個人6競技で27人が30個を獲得。県勢の金は22日と合わせて計45個となった。

 国谷はディスクを3投して飛距離を競うディスタンスで、1投目に57メートル04を記録。8人による同組の2位選手に6メートル69の差をつけ圧勝した。昨年の和歌山大会からも1メートル以上記録を伸ばした国谷は「1年間、フォームを安定させることに力を入れ練習して...    
<記事全文を読む>