ソフトボールの男子東日本リーグ第3節は22、23の両日、埼玉県の戸田市彩湖・道満グリーンパーク野球場ほかで第1、2日を行った。本県のホンダエンジニアリング(EG)が4試合に全勝、逆転で2年連続のリーグ優勝を決めた。

 第2節終了時点で、豊田自動織機に次ぐ2位につけたホンダEG。第1日に豊田自動織機との直接対決に5-2で勝つなどして首位に立つと、第2日もデンソー、トヨタ自動車と上位相手に連勝した。通算成績は11勝3敗。

 東西両リーグの上位各4チームが出場する決勝トーナメントは11月12、13の両日、宇都宮市で開催される。地元となるホンダEGは12日、1回戦で西日本リーグ4位と対戦。2年ぶり...    
<記事全文を読む>