岩手県で開催中の第16回全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」で、源喜代志選手(61)=福井県坂井市=が、卓球の視覚障害者種目「サウンドテーブルテニス(STT)」で金メダルをつかんだ。その傍らには相棒の盲導犬、ベッキー(雄10歳)の姿もあった。大会前には盲導犬の立ち入りに岩手側から難色を示され、競技とは別の戦いも繰り広げていた源選手。「岩手県に強く要請し、ようやく許可が出た。2年後の福井での開催時にはしっかりしてほしい」と提言する。

 全盲の源選手は日常、盲導犬のベッキーと生活している。普段からどこへ行く時も一緒。「ペットではなく、大事な相棒」と話す。しかし、いわて大会での盲導犬の試...    
<記事全文を読む>