青森県八戸市が計画を進めていた市屋内スケート場(仮称)の起工式が23日、建設地の同市長根公園内旧運動場跡地で行われた。スピードスケートの国際大会に対応できる国内3番目の屋内施設として2019年秋の利用開始を目指しており「氷都・八戸」の新たな顔となる。

...    
<記事全文を読む>