アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは23日、韓国・高陽で首位のハルラ(韓国)と対戦、1-3で惜敗した。3連勝を逃し、通算成績は9勝6敗の勝ち点25。順位は6位で変わらない。

 韓国6連戦最後の試合に臨んだバックスは、3年目のGK龍翔太郎(りゅうしょうたろう)がプロ初先発。第1ピリオド18分18秒に、パワープレーの好機でDFケビン・ミッチェルが先制点を挙げた。

 しかし、相手に押し込まれた第2ピリオド終盤にキルプレーで立て続けに失点。同点に追い付こうと残り1分半は6人攻撃を仕掛けたが、無人のゴールに追加点を決められて力尽きた。

 バックスの次戦は29日午後0時半から、北海道...    
<記事全文を読む>